愛知県立惟信高等学校
PTA会長あいさつ

【一瞬一瞬が かけがえのない宝物】


 新緑がまぶしい躍動の5月、平成29年度PTAの新出発にあたり、会長を務めさせて頂くことになりました江坂富士男です。 よろしくお願い致します。

 春の楽しみに桜の開花があります。例年に比べて開花が早いか遅いかは「休眠打破」の進み具合だと聞いたことがあります。 桜の花芽は「寒気」にさらされ、休眠打破から気温の上昇で開花に向かいます。同じ日本の桜でも冬を経験しない桜は十分に咲かないこともあります。

 同じように”伝統ある惟信高校”での3年間で、生徒の皆さんは各々の課題に挑戦し、厳冬を乗り越えて、心も体も大きく成長されています。

 私たちPTA役員も、今春より新体制で出発しました。日々懸命にトライしている子供たちの姿を身近な場所で見守りサポート出来る事に喜びを感じています。

 「現場」には、すべての発展の鍵があります。まず行動すること。次に、一歩でも苦手に挑戦する。”小さな行動”でも積み重ねていけば ”大きな人格”が築かれ、自身の礎になると確信して、私たちもチャレンジ精神を忘れずに実りある活動をしてまいります。

 保護者の皆様方には大変お世話になりますが、どうぞよろしくお願い致します。


平成29年5月11日
愛知県立惟信高等学校PTA会長 江坂 富士男